【終了済】第4回ジョン・ジェヨン医師によるAJ「鼻形成術」セミナーライブ手術in ソウル


【応募は締め切りました】 たくさんのご応募をありがとうございました。
第3回AJセミナーも好評でした。また定期的に受講したいという先生方の為に6月も韓国で第4回AJセミナーを行います。
今回の講師も韓国鼻形成分野の第一人者ジョン・ジェヨン医師です。是非ご参加ください。

セミナー概要

【講師】
韓国鼻形成分野の第一人者
ザ・プラス美容外科 院長 ジョン・ジェヨン医師

【座長】
リラ・クラニオフェイシャル・クリニック院長
自治医科大学客員教授 杏林大学非常勤講師 菅原康志医師

【場所】
ザ・プラス美容外科4階(ソウル・韓国)

【日時】
2018年6月23日(土)8:00~18:00

【セミナー内容】
ジョン・ジェヨン医師による2つの講義とライブ手術

【受講料】
200,000円(昼・夕食費用込み、飛行機代及び宿泊代は別途です。)

【募集人数】
先着8名

【申し込み方法】
以下専用フォームからお申込みください。
※AJセミナー担当のチャン(日本語担当)が対応させていただきます。

【お問合わせ】
メールアドレス:changwon0706@gmail.com
Line ID:theplusjp
※AJセミナー担当のチャン(日本語担当)が対応させていただきます。

【参加費用の振込み口座】
お申込み後にお知らせいたします。

【応募締切】
2018年5月31日締め切り(先着順8名申し込み次第、締め切りとなります。)

【その他】
1)セミナー参加者のための医療器具の販売ブース設置
2)セミナー終了後に懇親会があります。
3)ジョン・ジェヨン医師の著書(鼻形成術、三恵社)を持参された方には著者の直筆サインを致します。(当日購入も可能です。)
4)セミナー参加者全員に修了書を授与いたします。
5)セミナーの講義及びライブ手術は、通訳を介して日本語で行われます。

セミナースケジュール

08:00~08:30 ザ・プラス受付開始 (4階ロビー)
08:30~10:00 講義&質疑応答(5階セミナー室)
10:00~12:00 ライブサージェリー1名 (3階オペ室)
12:00~13:00 昼食(休憩と共にジョン・ジェヨン医師愛用の医療器具販売)
13:00~14:00 講義&質疑応答(5階セミナー室)
14:00~16:00 ライブサージェリー1名 (3階オペ室)
16:00~17:30 ライブサージェリー1名 (3階オペ室)
17:30~18:00 修了書授与(4階ロビー)着替え後、懇親会会場へ移動
18:00~ ジョン・ジェヨン医師との懇親会
※懇親会終了後、解散となります。

ジョン・ジェヨン医師 経歴

形成美容外科認定専門医
レスチレン認定医
上海ソウルリーガー所属
牧圓大学 兼任教授
忠南大学病院整形外科 外来教授
大韓形成外科学会 正会員
大韓美容形成外科学会 正会員
大韓形成外科学会 顔面輪郭研究会 正会員
大韓形成外科学会 脂肪移植研究会 正会員
大韓形成外科学会 鼻部整形研究会 常任理事
忠南大学病院 臨床解剖研究会 高級研究員
韓国ザ・プラス美容外科 院長
東京美容外科 技術指導医

私が所属する美容外科では、現在まで20本以上の論文と著書を発表し、100回以上の学会発表及び招待講演を行っています。また、大学病院や医学関連機関と連携し、臨床研究及び実験などを疎かにせずに、国内外の美容形成外科の発展に寄与しています。

また日本では東京美容外科 技術指導医として、鼻形成術の教育に携わり、自分の教育した医師が次々に活躍している姿を目の当りにして来ました。そしてより多くの日本の美容外科・形成外科の先生たちに貢献できればという思いから、私が長い年月をかけて習得した「鼻形成術」を講義と実習という形で皆様に一般公開する形となりました。

鼻は基本的に呼吸、加湿、ろ過、嗅覚などを担当する器官であり、鼻形成手術ではこのすべての機能に影響を与えるので、身体器官としての鼻に対する理解が絶対的に必要です。鼻形成術は美容的改善だけではなく、“機能”と“構造”の関係を理解した上で行わなければならないと私は常に思っております。

私の講義はリアルな患者さまのカウンセリングから始まり、その患者さまにあったベストな方法を提案させていただきます。
ご興味のある方は是非ご参加ください。

菅原康志医師 経歴

経歴
1986年香川医科大学卒業
1986年東京大学形成外科
1992年台湾・チャングン記念医院留学
1997年スウェーデン・ヨーテボリ大学留学
2007年自治医科大学形成外科教授
2015年自治医科大学客員教授 杏林大学非常勤講師

所属学会
・日本形成外科学会
・日本頭蓋顎顔面外科学会
・日本美容外科学会
・日本顎変形症学会
・日本口蓋裂学会
・International Society of Aesthetic Plastic Surgery
・International Society of Craniofacial Surgery

PAGE TOP